2018年 初クルーズエスコートは日本造船史上最大クルーズ客船から

今年もクルーズエスコートが始まりました。
今年初は、三菱重工長崎造船所で造られた日本造船史上最大のサファイアプリンセスです。日本発着で随分馴染み深くなったダイヤモンド・プリンセスのSISTER SHIPです。
当初1番船をダイヤモンド・プリンセス、2番船をサファイア・プリンセスとして建造を 始めた。しかし2002年10月、1番船の火災事故により2番船をダイヤモンドプリンセスと改名のうえデビューした経緯があるだけに、シンガポールからの出航ではあるものの、日本人としては非常に愛着深いクルーズ船の一つ。

以前まではなかったThree Diamond の三菱重工のエンブレムプレートもさり気なく入り、技術大国日本人としては誇らしい。明治維新150年を迎え、三菱創業の祖 岩崎弥太郎氏も喜んでいるかと.