オーシャニア・ノーティカの乗船会

5つ星客船、「オーシャニア・ノーティカ」の乗船会に参加しました。

約3万トンのスモールシップですが、客室もそしてパブリックスペースもゆったりとした空間になっており、他の客船と比べて上品で落ち着きのある、日本人の感性にしっくりとくる外国客船です。

 

 船内の案内は、オーシャニアクルーズの日本地区販売総代理店の滝元さん(写真右端)。お客様が何が困るのか、何を望んでいるのかなどお客様目線に立った案内をして下さるのでとても分かりやすく勉強になります。

どのスペースも「ほぉ~」と思わずため息がでるほど上品で落ち着いた空間ばかり。それでいて正装不要のドレスコード。素晴らしいのはそれだけではありません!何より嬉しいのは、通常のメインダイニングやバイキングレストランの他に2か所の特別レストラン(Oクラスは4か所の特別レストラン)も追加料金不要なのです。さらにメニューは日本語版があり、出発前から「どのレストランで何を食べようか」と楽しみながら計画をすることもできます!

今日はその中から滝元さんが選りすぐったディナーコースをいただきました。オーシャニア・クルーズのすべての料理を監修するのは、元フランス大統領シャルル・ド・ゴール氏をはじめフランス政府要人のプライベートシェフを務めた“鉄人シェフ”ジャック・ペパン氏。日本人の口に合う繊細な味付けとクオリティーは絶品!

毎日の食事が楽しみになること間違いありません。

 

そんな素晴らしい乗船会の内容を、船内とお料理のスライドショーにまとめましたので是非「続きを読む」からご覧下さいね。