ツアー・ステーションのお客様へ

 プリンセス・クルーズは1965年創業の米国船会社で、現在17客船を保有する世界屈指のクルーズラインです。

 

 1977年に米国TVドラマ「ザ・ラブボード」にて、当時の客船パシフィック・プリンセスが舞台となりました。このドラマは約10年続いた人気番組となり、ドラマを通してクルーズ旅行の過ごし方や楽しみ方が一般に知られるようになり、同時にプリンセス・クルーズのブランド名とロゴマーク「シーウィーッチ(海の女神)」が広く浸透しました。

 

 2004年には三菱重工業長崎造船所にて日本の造船史上最大の客船「ダイヤモンド・プリンセス」と「サファイア・プリンセス」(両船ともに116,000トン)が就航し、プリンセス・クルーズの主力船として運航しています。 そして2013年より、プリンセス・クルーズは日本発着クルーズを開始しました。

 

 ゆったりとリラックスしてお寛ぎいただける船内と、プレミアムクラスの客船ならではの質の高いお食事をご用意し、お客様の満足度の高いクルーズ旅行をご提案してまいりました。 お陰様でリピート率70%で、常にクルーズ業界のパイオニアとしてサービスの向上の改革を推進してきました。

 

 2013年4月よりサン・プリンセスが日本発着クルーズを開始し、2014年にはダイヤモンド・プリンセスが加わることで年間41本、述べ360日も日本の会期をクルーズすることとなります。

  

 ㈱ツアー・ステーションは、2005年からお客様のお身体に優しいクルーズに力を入れ、積極的に販売し、ご案内されています。地方の旅行会社でこれだけクルーズに精通し、述べ添乗日数500日以上も乗船し、854名ものお客様をエスコーロしている旅行会社は稀少です。

カウンターで直接添乗員がお客様に説明できるのは大きな強みであり、お客様にとっては大きな安心感になることでしょう。

 

皆様のご旅行に、プリンセス・クルーズの販売を安心してお任せできる㈱ツアーステーションをお勧め致します。

 

株式会社クルーズバケーション

代表取締役 木島 榮子

ツアー・ステーションのお客様へ

株式会社オーシャンドリーム 代表取締役 堅田寛氏

 はじめまして。私どもはリバークルーズのトップブランド、ユニワールドの日本地区代理店としてツアー・ステーションをご推薦申し上げます。ユニワールドは、米国ロサンジェルスに本社を置く、創業30余年のリバークルーズの老舗です。

 

 コンセプトは「浮ぶブティックホテルでヨーロッパの大河を旅する」。系列の5ツ星ブティックHotel レッドカーネーショングループと共通のコンセプトで、ハイセンスでエレガントな川の船旅をお約束いたします。

 

 日本でもこのところ、いくつものリバークルーズ会社が紹介されておりますが、”リバー”というくくりでしか理解されておりません。外洋客船にもカジュアル船からラグジュアリー船まであるように、川の客船にもグレードがあります。ユニワールドはその中でもトップクラス。

 

 米国高級旅行誌「コンデナストトラベラー」2011年秋の読者投票で、リバークルーズ部門 第1位、2012年にはリバー客船部門で、第1位、第2位、第5位を獲得。リバークルーズ界でのトップの地位を揺るぎないものにしました。

 

 ツアーステーションは、何年も前にお客様の身体にやさしいリバークルーズに注目されました。お客様に販売するにあたり、まず社長自ら私どもの船と寄港地観光を視察されました。

その後も新しいコースをご紹介するたびに何度も視察されております。 私どもは本当にいいクルーズを選び、旅行会社を通じて皆様にご案内しておりますが、旅行会社のトップ自らが足を運び、自らの言葉でそのよさをご案内できる旅行会社は多くありません。

 
 私どもは皆様のクルーズ旅行に自信をもってツアー・ステーションをお勧めいたします。


ユニワールド社日本地区代理店

株式会社オーシャンドリーム

代表取締役 堅田寛 

初めてのクルーズでも安心!

同行経験豊富なクルーズ・コンサルタント有資格者が皆様の船旅のご相談を承ります。

日本客船・外国客船・リバークルーズならツアーステーションにお任せください!

※お電話の際は「ホームページを見た」とお伝えになるとスムーズです。

※お問合せフォームからは、24時間受付いたします!